筋トレ

会社員で忙しい男性がジムで最低限やるべきウエイト種目ビック3紹介

会社員の皆さん、ジムで筋トレしてますか?

入荷していてもなかなか行けないことも多いですよね?

今日は仕事が忙しくてなかなかジムに行けない会社員の皆さんがジムに行った時に最低限やるべきウエイトトレーング種目である「ビック3」を紹介します。

[ad]

ウエイトトレーニングの「ビック3」とは?

筋トレについて少しでもネットや本を読んだことある人なら、この言葉を知らない人はいないと思います。

ウエイトトレーニングの「ビック3」。

  1. スクワット
  2. デッドリフト
  3. ベンチプレス

この3つを「ビック3」と言います。

この3種目をやっておけば、全身の大きな筋肉を鍛えることができるので、忙しい会社員の人は懸垂とかアームカールとかしたい気持ちはわかりますが、まずはこの「ビック3」をやる時間だけ確保しましょう。

下半身最強筋トレ スクワット

人の体の中で最も大きな筋肉がある太ももやお尻を鍛えるトレーニングである、「スクワット」

下半身をガッツリ鍛える種目でありながら、トレーニング中は腹筋にも背筋は腹筋にも力が入るので、体感を鍛えるには最強のトレーニングです。

ビック3をやる時間もない人はどれか1種目だけやるなら、迷わずスクワットを選びましょう。

下半身+背筋 デッドリフト

スクワットと同様に下半身にも効きますが、メインは背筋ですね。

普段自分で見ることのできない背中にはものすごく大きな筋肉があります。

人の体の中で大きな筋肉No1太もも臀部、No2の背筋を鍛えることができる最強のトレーニングです。

大胸筋+上腕三頭筋 ベンチプレス

みんな大好き種目のベンチプレスです。

最も人気のある筋肉「大胸筋」はもちろん、プッシュする動作を繰り替えることで「上腕三頭筋」にも刺激を与えられるので、太い腕を手に入れることができます。

[ad]

まとめ

会社員で忙しくて、ジムに行ってもなかなかいろんな種目をする時間のない人は、

  1. スクワット
  2. デッドリフト
  3. ベンチプレス

をする時間をなんとか確保してトレーニングしましょう。

ついついアームカールとかやっちゃいますが、それはビック3をやっていてもある程度は鍛えられるので、まずはビック3で全身の大きな筋肉を鍛えていきましょう!

ABOUT ME
shunpi
31歳の会社員ブロガーです。 妻と1歳の娘と都内で3人で暮らしています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です