筋トレ

金本監督と坂井オーナー辞任で2019年の阪神はどうなるんだろう。

皆さんこんにちは、shunです。

阪神の金本監督が最下位になった責任を取り辞任するようです。

さらにそれに続いて、球団オーナーの坂井オーナーも辞任されるようですね。

まあこれだけ弱くて見ていて面白くないチームなってしまった限りは現場のトップと球団運営のトップが辞任するのは致し方無いと思います。

金本が監督になった時は、何かが変わるのでは?と思いましたが、全くダメでしたね。

試合を見ていると、金本監督の昭和の根性野球にみんなついていけていない気がします。

選手がビビっているというか、萎縮しているというか、伸び伸びやっている雰囲気は感じられません。

勝つために必死でボールに食らいついたり、熾烈なレギュラー争いをしているという雰囲気もありません。

全く能力がないと、ファンから叩かれまくっている片岡コーチは、2軍の監督になるみたいですが、それもどうなの?って感じですね。

いったい2019年の阪神はどうなんでしょうか。

誰がオーナーになり、誰が監督になるのか。

オーナーと監督の辞任で、一気に阪神の組閣に興味が湧いてきました。

これは自民党の組閣よりも遥かに面白そうですよね。

昨年まで2軍を指揮していた、掛布監督の誕生も可能性としてはありそうですね。

[ad]

ABOUT ME
shunpi
31歳の会社員ブロガーです。 妻と1歳の娘と都内で3人で暮らしています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です