筋トレ

東京3年目の地方出身営業マンが教える都会での営業あるある5選

2016年の6月から東京で生活して、東京で仕事をしています。

間もなく2年半が過ぎますが、すっかり東京での営業にも慣れました。

そこで地方出身営業マンの僕が教える平日日中の過ごし方をお伝えしようと思います。

[ad]

①電車移動に慣れよう

これは最初の壁だと思います。

僕が8年ぐらい地方で営業したいた時はもちろん車でした。

というか選択肢がそれしかありませんよね。

電車だけはもう慣れるしかないですね。

僕はいろんな路線を覚えていくのがとても楽しいと感じました。

ゲーム感覚で仕事とプライベートで都内の路線を制覇していき、今では全路線制覇しました。

満員電車は地獄以外のなにものでもないですが、ゲーム感覚で楽しむぐらいの感覚でいれば、電車移動にも慣れてくると思います。

②アポの隙間時間はカフェに行こう

車があると空いた時間はコンビニとかに車を止めて、仕事したり、スマホ触ったり、昼寝したりすると思います。

しかし電車生活ではもちろんそれは不可能です。

今思えば、車内という最高にプライベートな空間は本当に最高でしたね。

ってことで、僕が隙間時間に行く場所はカフェのほぼ一択ですね。

お金のこと考えると、ドトールが最高です。

コーヒー1杯250円です。(ホットコーヒー)

ちなみにブログ書いている今は、1年ぶりぐらいにタリーズにいます。

近くにドトールがなかったんです笑

③サボりたい時もカフェに行こう

サボりたい時は営業していたら必ず訪れます。

これはものすごく普通のことです。

トップ営業マンほど、ONとOFFの切り替えが上手くて、サボるのも上手いです。

そんなサボりたい時もカフェがおすすめです。

ゆっくりコーヒー飲んでもいいし、昼寝してもいいし、ブログ書いてもいいし、スマホゲームしてもOKです。

カフェって最高ですよね。

でも主要駅の近くは時間帯に寄ってはカフェは席の取り合いになりますので、色んな場所に、自分の行きつけのカフェを作っておいたほうがいいですね。

④バックはリュックに変えよう

こちらの記事、サラリーマン(会社員)のビジネスバックはリュックにすべき5つの理由でも書きましたが、バックはリュックにしましょう。

東京での生活で、移動中に両手がフリーになるというのは最高なんです。

何かと持つものって多いじゃないですか!

バック、傘、スマホ、スーツケース、など。

僕は最近リュックに変えましたが、本当に毎日が快適になりましたよ!

ちなみに買ったのはこのリュックです。

関連記事はこちら:サラリーマン(会社員)のビジネスバックはリュックにすべき5つの理由

⑤直行直帰テクニック

これは少しテクニックや上司との関係なども関わってきますが、朝イチオフィス行かずに営業へ行って、夜は最終のアポから自宅までオフィスに寄らずに帰ります。

結構よく直行直帰するんですが、僕オフィス大嫌いなんですよね。

営業の皆さんどうですか?

オフィスの雰囲気って嫌じゃないですか?

なんという事務系の人たちと同じ空間にいるとなんか仕事が進まないんですよね。

それだったカフェとかの方が断然仕事が進みます。

ですので、オフィスが嫌いな人は直行直帰できるように、上手くアポを入れましょう。

嘘が上手い人は嘘のアポで予定を作ればいいですが、どっかでバレる可能性ありますからね。

リアルにアポを入れれば、バッチリ直行直帰への道が近づきます!

 

ABOUT ME
shunpi
31歳の会社員ブロガーです。 妻と1歳の娘と都内で3人で暮らしています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です